女性必見!ルミガンでまつ毛美人を目指そう

長く濃いまつ毛は目元をより印象的にしてくれますが、元々のまつ毛が薄い、短いという人も少なくありません。
そんな場合もマスカラやエクステなどでより長く濃く見せることができますが、あまりに多用すると自毛に負担もかかってしまいます。
最近はまつ毛美容液の人気も高まっていますが、より高い効果を希望するのであれば医薬品であるルミガンに注目してみてはいかがでしょうか。
ルミガンは女性に人気のまつ毛専門の育毛剤となっていますが、こちらは医薬品ということもあり化粧品店や大手通販サイトなどで気軽に購入できるものではありません。

処方は美容クリニックなどで行われていますので購入を希望している人は相談してみることがおすすめです。
ルミガンはもともと美容目的ではなく緑内障の治療目的に開発された点眼薬で使っていた人にまつ毛が伸びる副作用が見られたことから育毛にも利用されるようになりました。
使い方は、まずはメイク落としを済ませて清潔な状態にしておきブラシや綿棒でアイラインを引くように根元につけていきます。
一日一回の塗布で良いので何度も塗る必要はありません。
衛生面も考えて綿棒やブラシは使い捨てにしておくようにしましょう。

皮膚についてしまうと色素沈着が起こる可能性もありますのでまぶたに付いた余計な薬液はふき取っておきます。
色素沈着を防ぐのであればまぶたにクリームやワセリンを塗っておくこともおすすめです。
あまりに多くの薬液を塗ってしまうと副作用のリスクも高まりますので一滴の用量を守ることも大切です。

クリニックでも処方してもらうことはできますが、より手軽に入手したい安く購入したいという場合は個人輸入も便利です。
代行サイトを活用すれば面倒な輸入の手続きはすべて業者に任せることもできますし、サイトは日本語表記ですのでインターネット通販の感覚で注文できます。
正規品を選ぶことが大事ですので、代行業者を選ぶ際は実績や評判はしっかりと確認しておきましょう。

ルミガンの入手方法は主に2つ

まつ毛育毛剤として高い効果があるゆえに人気が高まっているルミガンですが、多くの人にとって大変気になるのはどのようにして入手できるかという点です。
医薬品であるルミガンを化粧品店などで容易に入手できないとしたら、一体どんな入手方法があるのでしょうか。

ルミガンの入手方法は主に二つあり、それぞれにメリットもあればデメリットもあります。
それぞれの入手方法と、それに伴うメリット・デメリットを十分に理解した上で、自分に合った方法を選びましょう。

ルミガンを入手するための一つの方法は、クリニックで医師から処方箋をもらって薬局で購入するというものです。
この方法で入手する際のデメリットは、購入価格が高くなってしまうという点でしょう。
さらには、医師からルミガンを処方してもらうことがなかなか難しいというデメリットもあります。
ルミガンは、普通、緑内障患者に処方される目薬であるからです。

しかし、美容クリニックなどではまつ毛育毛剤として処方してくれる所もあるというのも事実です。
医師から処方されるため、正しい使い方や起こり得る副作用についての説明を受けることができ、安心して使用できるというメリットがあります。

もう一つの入手方法は通販サイトを利用するというものです。
実際に通販で購入すれば、非常に簡単に入手することができるでしょう。
個人輸入でルミガンを購入する場合のメリットと言えば、何と言っても処方箋なしでも購入できるというものでしょう。
また、安い価格で購入できるというのもメリットの一つと言えます。

とは言っても、海外のサイトを利用することになるため、語学の面で堪能でなければ利用できないというデメリットがあるのが現実です。
しかし、最近では輸入代行をしている業者も多いため、そうした通販サイトを利用することが勧められています。