美肌のためには睡眠がとっても重要

肌の状態を整えるためには生活習慣の改善が欠かせませんが、その中でも睡眠は重要なポイントです。
肌細胞が入れ替わるターンオーバーはシミの原因となるメラニン色素やその他の老廃物を肌の外へと排出してくれますが、このターンオーバーは主に夜中の睡眠中に行われます。
睡眠中に成長ホルモンが分泌されることで活性化し、肌の細胞が入れ替わって肌荒れの改善など美肌に繋がるのです。

また、ターンオーバーに欠かせない成長ホルモンの分泌が最も多いのが、夜中の22時~2時の間だとされており、この時間帯は肌のゴールデンタイムとも呼ばれています。
しかし成長ホルモンは起きていると分泌されないため、ターンオーバーの効果を十分に得たいのであれば22時には就寝している必要があります。
更に、肌が完全に入れ替わりを行うには6時間程度必要だとされているため、22時から4時までの間は眠っていることが望ましいでしょう。

美肌のためにゴールデンタイムを利用するのであれば、浅い眠りではなく熟睡出来ている状態が望ましいです。
睡眠前はアロマやホットミルク、照明の調整などを行って質の良い睡眠が取れるよう意識すると良いでしょう。
また、現代人は何かと忙しく、22時に就寝することが難しいという人も多くいます。
そのような場合、22時の就寝が難しくてもできるだけゴールデンタイムに重なる早めの時間に眠るよう努めましょう。
成長ホルモンの分泌が減ってしまうとターンオーバーにも遅れが生じ、ダメージが蓄積してシミやしわなどのトラブルに繋がります。

以上のように早寝早起きを心がけ、質の良い睡眠を取ることが美肌への第一歩です。
逆に睡眠不足が続いていたり、睡眠の質が悪い状態が続いているとホルモンバランスの乱れにも繋がって肌状態の悪化を招きます。
食生活やスキンケアの見直しを行っても肌の状態が改善されない場合は、睡眠に問題がある可能性が高いため、改めて見直すと良いでしょう。

ぐっすり眠れるように環境作りが大事

成長ホルモンは美肌のためにとても重要な役割を果たしてくれます。
ゴールデンタイムと言われている時間帯があり、この時間帯にぐっすりと熟するすることが美肌への近道です。

ちなみにその時間帯は22時から2時と言われています。
良質な睡眠がとれていると、その成長ホルモンはたくさん出てきますので、細胞も元気になってくれてうちがわからきれいになっていきます。

肌荒れが気になる方、また年齢とともに崩れてしまいがちなターンオーバー(新陳代謝)の働きは、成長ホルモンも影響していきますので、熟睡できる環境づくりからまずは整えていきましょう。
まず、就寝時間の3時間前には食事を済ませておくことが理想です。
消化しようとする身体の動きがあると、脳は寝てくれませんし、さらに消化にも悪いというデメリットがあります。

きちんと消化されなければ身体に余分な栄養も吸収されてしまいますし、便秘がちになれば肌荒れにも影響がでてしまいます。

また、スマホを寝る間際までいじっていると、画面の明るさもありますし脳も休まりません。
興奮状態になってしまいますので、スマホもテレビも就寝する1時間ぐらい前まではオフにしたほうが良いでしょう。

お酒を飲む方もいるかもしれませんが、ぐっすり眠りたいならホットミルクを飲むと、リラックスできますし、お腹も暖まり程よい入眠ができます。
照明の明るさは、好みもあると思いますが出来れば真っ暗にしたほうが夜だと認識して眠れるようになると言われています。
豆電球を付けた方が良いという説もありますのでお好みで調節しましょう。

よりリラックス効果を高めたい時には、アロマを焚くのもお勧めです。
リラックス効果の高いラベンダーなどは特に良いでしょう。